口コミ

【口コミ】オンラインプログラミング講座に子どもが全くハマらなかった理由とは?

2020年に小学校で必修科目となるプログラミングを

子どもに習わせた方がいいのかな?と気になっている方は多いですよね。

私もその一人です。しかし、田舎に住んでいるので近くにプログラミングスクールはありません。

なのでネット上で完結できる通信講座、

オンラインプログラミング講座を小学校1年生(7歳)の息子に受講してもらいました。

先に結論を言うと

全くハマりませんでした笑

この記事では、息子が受講したD-school(ディースクール)の「マイクラッチJr.」をレビューしていきます。

プログラミングに興味のある方はぜひ参考にしてくださいね^^

【口コミ】子どもが受けたプログラミング講座は何?

パソコン

息子が受講したプログラミング講座は

D-school(以下、ディースクール)のマイクラッチJr.コースです。

ディースクールはネット上でプログラミング解説動画を提供してくれる通信講座です。

最近よくきく、オンラインプログラミングスクールですね!

オンラインの通信講座って?

パソコン

通信講座といえば、イメージするのは進研ゼミではないですか?

教材が毎月たくさん送られてきて、1つずつこなしていくイメージですよね。

しかし、ディースクールの通信講座は

月に1つ動画を提供してくれるスタイルです。

 

自分の家のパソコンを使って、動画を見ながら自分でプログラミングを習得していく

完全独学スタイルだと思ってください。

もちろん、スクールで質問を受け付けていたり、できた作品を講師に見てもらう仕組みもあります。

ディースクールの特徴は?

マイクラ

ディースクールの最大の特徴は

マイクラッチを利用しながらプログラミングをすることです。

 

このマイクラッチとは、

有名なゲームである

マインクラフト

有名なプログラミングアプリである

スクラッチ

をつないでディースクールが独自に開発したプログラムです。

 

マインクラフトは世界的に人気のあるゲームで日本でも小学生に大人気です。

マインクラフトを使いながらプログラミングを学べる!ということで、

注目されているのが

ディースクールのマイクラッチです。

 

私の子どももマインクラフトが大好きでして、YouTubeも大好きです。

マインクラフトをきっかけに、YouTubeを見るような感覚でプログラミング講座の動画を視聴して学んでもらいたい!

というのが親の思惑です笑

14日間の無料体験がある?

お金

ディースクールでは14日間の無料体験を実施しています。

子どもにディースクールのマイクラッチがハマるかどうか、試すために14日間の無料体験に登録しました。

登録したのは「マイクラッチJr.」コースです。

マイクラッチJr.コースは小学校低学年を対象にしています。

他にもいろんなコースがあるので興味&年齢に合わせて選んでくださいね↓

 

しかし、この無料体験はすべて無料というわけにいきません(*´Д`)

 

マイクラッチコースを選択するならば、

無料体験期間であっても

パソコン版のマインクラフトソフトを

購入しなくてはいけません!

 

うわー!それは知らんかった!( ;∀;)

マインクラフトソフトは3000円です。

 

でもしょうがない、もし子どもにプログラミングの才能があるならば試すしかあるまい。

と思って3000円払ってパソコン版を購入しました。

無料じゃないじゃん!笑

環境設定って何?

コーヒー

オンラインプログラミングを始めるための、最初の難関、

それは環境設定です。

 

自分の家のパソコンでプログラミングができる環境を整えなくてはいけません。

必要なソフトをダウンロードしてインストールするやつですね!

 

オンライン講座なので、

もちろん自分で!!

さすがにこの設定は難しいので親がやるしかありません。

 

マインクラフトソフトの購入に一段階、

この環境設定の困難さに二段階

オンラインプログラミング講座を受けるには

二段階認証をクリアする必要があります。

親的にはここでめげそう( ;∀;)

 

パソコンが得意じゃない親にはそれはそれは高いハードルだと感じます。

私は普段パソコンをさわる仕事をしていて基本操作はできますが、それでも

環境設定をクリアするまでに3時間

かかりました笑

音楽

ディースクールにはめっちゃくちゃ丁寧な環境設定動画があるんですよ!

その丁寧な動画を見たのに3時間…

パソコンのゴキゲンもありますしね…うまくいかないこともあります。

私はうまくいかない人間でした、残念。

 

ディースクールによる説明では環境設定にかかる時間は

15分くらいらしいです。

やばい、私は才能なさすぎる(´Д`)

 

さて、無料だと思っていたのに3000円を支払い

環境設定の困難さを乗り越え

さあ、やっと始まったプログラミング講座に

子どもがどのように対応してくれたか語っていきます↓


【口コミ】子どもがプログラミング講座にハマらなかった理由とは?

ぶっちゃけ子どもはまるでプログラミングにハマりませんでした笑

親の苦労!親の出資!子知らず!

子どもがプログラミングにハマらなかった原因は

  1. マインクラフトの魅力がハンパない
  2. 興味がない
  3. 自分でやった方が早い

この3つでしたね。

どういうことが存分に語らせてください↓

マインクラフトの魅力がすごい?

マイクラ

私の子ども(小学校1年生の7歳)は任天堂スイッチというゲームですでにマインクラフトを心ゆくまでプレイしています。

なので、私がパソコン版のマインクラフトを購入したと知ると大興奮!

 

プログラミングを一緒にできるよと説明しても

プログラミングが何なのかわからないので、まるで興味をしめしません。

もう頭の中はパソコン版のマインクラフトができる!という喜びだけです。

 

一応動画を見せながら、説明通りに動かしてみますが

「へぇー」とか「ふーん」とか「で?」みたいな反応でした。

 

もう遊んでいい?自由に遊んでいい?勝手にしていい?早く解放して!

という態度です。

わかります。

どこがおもしろいかわかんないものね…

 

プログラミングは最初から難しいことはできません。

基礎の基礎からやっていかないと理解できないでしょう。

基礎ってつまらないからね!笑

 

先生が直接指導しているわけではないこの状況では子どもへの強制力が働きません。

親が一緒についてやってみようよと声をかけても、

チャレンジすらしてもらえません。

親は先生じゃないし、家は習い事の場ではないからです。

 

オンラインプログラミング講座の難しさを感じましたね。

 

プログラミングに興味がない

動画を見ながらプログラミングを身につけていくには

  1. 動画を見て
  2. 自分で試して
  3. また動画を見て
  4. また試す

を繰り返すことが必要です。

 

これこそプログラミングの一番重要な

トライ&エラーの実践です。

 

このトライ&エラーを学ぶためにプログラミングが学校の科目になったと言えるほど重要です。

 

しかし、トライ&エラーをするには、

理解したい、やってみたい、できるようになりたい

というモチベーションが必要です。

 

自発的なモチベーションがない場合は、

学校の授業のような「やらなければならない」という強制力が働く状況が必須になります。

しかし、家にはそんな強制力はなく、先生もおらず、何より

プログラミングに対する興味がない

全くモチベーションがない子どもに何かをやらせるなんてことは不可能に近いのです。

よほど、親が熱心に強制力をもって指導しない限りプログラミングに興味を持ってもらえません。

私には興味を示さない子どもにプログラミングの魅力を教えるほどのスキルはありませんでした。

自分でやった方が早い

マイクラ

無料体験で見ることができる動画は1つだけです。

 

この動画は基礎の基礎、一番初めの動画なので

マイクラッチを動かしてプログラミングをして

マインクラフトの世界にブロックを1つ2つと並べていきます

 

ここで、

うわぁ!プログラミングをすることでマインクラフトの世界に影響を与えられるなんておもしろい!

と思う子と

え?こんなめんどくさいことしてブロックおけるの1個とかショボい!

と思う子がいるわけです。

 

私の子どもはもちろん後者…彼が導いた結論は

「自分でやった方が早いじゃん」です。

 

たしかにー!確かにねー!ママも思ったー!笑

通常マインクラフトではブロック1つ置くことは感覚的に一瞬でできます。

プログラミングすること自体が遠回りに感じるのもわかります。

 

大人ならばプログラミングを学んでいけば将来は

もっとすごいことができるようになるはずだ

という可能性を感じることができるレッスン内容でした。

 

しかし、7歳の子どもに未来を予感させることは難しく

「もうやめる」の一言で終わりました。

 

子どもはもうパソコン版のマインクラフトを自由に楽しんでいます。

私の子どもにはオンラインプログラミング講座は向かないとわかりました。

3000円で貴重な体験ができました。

ありがとうございました( ノД`)シ


【口コミ】子どもがプログラミングをやってみてわかったこととは?

子どもとパソコン

オンラインプログラミング講座がまるでハマらなくて残念でしたが、

やってみてわかったことがあります。

 

それは7歳の子どもは

家で教えなくても意外にパソコンを使えること

です。

  • マウスの意味、使い方
  • クリック&ドラッグのやり方

など基本的な使い方を小学校でしっかり教えてもらっていることがわかりました。

 

パソコン版のマインクラフトを私の説明なく使いこなす姿を見て

小学校の基礎能力を叩きこむスキルの高さ

を実感しました。

 

2020年に小学校でプログラミングが必修になるぞ!子どもにプログラミングを習わせなくては!

と煽っているのはプログラミングを習わせてお金を儲けたい業界の人たちの術中だなと感じました。(←まんまとハマっているのはこの私)

 

プログラミング、プログラミングと騒がれるけれど

プログラミングが必修化される本質は

子どもの問題解決能力を向上させることにあります。

プログラムを開発する能力を上げることではありません。

 

先ほどもお話しましたが

やってみる→

失敗する→

なぜ失敗したか考える→

もう一度試す

トライ&エラーを繰り返すことがプログラミングの基礎です。

 

トライ&エラーのおもしろさ、重要さを学べるのはプログラミングだけではありません。

サッカーでも、ゲームでも、折り紙でも何でもトライ&エラーが面白いのです。

だから、よく遊び、よく学べという言葉があるのですね。

 

パソコン

小学校に任せておけば、

基本の基本は叩き込んでくれるはずだと安心しました。

その授業を受けてからプログラミングに面白さを見出すかもしれません。

つまらないと思っていても、最初の一歩を強制力を持って触れさせてくれるのが小学校の利点です。

 

おそらく小学校は今回受講した講座で使ったスクラッチを入れてくると思います。

スクラッチは無料で使えますからね。

 

パソコン

プログラミングの基礎であるスクラッチのつかい方は、おそらく

学校が教えてくれます。

 

わざわざお金はらってスクラッチの使い方を学ぶ必要はないですね。

今回、受講してみて7歳はプログラミングを習わせるには早すぎたと感じています。

 

子どもが

学校で習ったプログラミングがおもしろい!

と言い出してから習っても遅くないと思いました。

 

おしまい!


 

ABOUT ME
みらい
みらい
3人子持ちワーママ。暮らしの中で使ったものやサービスについてひたすら文句を言うのが得意。
あわせて読みたい