妻の機嫌の直し方

夫のみなさん。妻はあなたが台所においたペットボトルにイライラします

女性の耳から煙が出ている

夫のみなさん、仕事帰りに飲んで持って帰ってきたペットボトルの処理、きちんとしていますか。持って帰ったペットボトルをそのまま台所に「トン」とおいて終了となっていませんか。

 

そのペットボトルの片づけは妻がやっています。

 

「そのくらいやっておいてよ」と思うかもしれません。しかし、ちりも積もれば山となるのです。

 

小さな雑務が重なったものが家事なのです。

 

この記事では「ペットボトルの片づけのめんどうさ」と「それを片づける妻の気持ち」をお伝えします。

 

実はいつもそれをやっている妻の存在にきづいてもらえれば、あなたは妻に「ありがとう」と一言かけたくなるはずです。

 

ついペットボトルを台所においてしまう夫の心理

台所にペットボトル、カン、牛乳パックがおいてある

・ペットボトルは妻がかたづければいいという押しつけようとする意識はない

・ペットボトルの片づけをめんどうな家事の1つと思っていない

 

夫は悪気がありません。ペットボトルを燃えるゴミに混ぜてはいけないという意識まではあります。
だから、台所におくまではできるのです。

 

妻に押しつけようとか、妻がやればいいとか、そんな意地悪な気持ちはありません。
とりあえずおいておいて、そのあとのことは考えていない。というのが夫の特性です。

 

そして、そのまま忘れてしまいます。ずーっと置きっぱなしになって、台所が半分埋まるころに気がつくのです。

 

しかし、そうなる前に妻が片づけてしまいます。だから、妻が先回りするかぎり、夫は一生気がつきません。

 

 

夫に知って欲しい「ペットボトルの片づけ」の面倒くささ

ペットボトルの片づけくらいでネチネチと…と夫はうんざりするかもしれません。しかし、あなたが持って帰ってきたペットボトルを片づけ続けることに、妻はうんざりです。

 

めんどうなペットボトルの片づけ方を説明

  1. まず、水で洗うペットボトルを水で洗う
  2. フタとラベルをはがす
  3. ペットボトルを踏んでつぶす
    ペットボトルを足でつぶす
  4. ごみ袋へペットボトルをごみ袋に入れる
簡単だと思いましたか?では、今日からあなたが行ってください。

 

妻はとっても喜びますよ!ただごみ箱に放り込むだけではない資源ごみの片づけはとても面倒なのです。

 

なぜ、妻はこの作業を面倒だと思うのかというと、資源ごみはペットボトルだけではないからです。

 

ペットボトルは氷山の一角、資源ごみの片づけはすべて面倒

資源ごみとは
ペットボトル、カン、紙類、衣類などこれらのごみはただの燃えるごみとは違い、ごみ出しの日も違えば、出し方も決まっています。

 

それらを自治体の決まりにしたがって、分別して片づけて、ごみの日に出すよう準備しているのです。ちょっと面倒だと思ってきたでしょう?

 

カンの片づけ方

  1. 水で洗う
  2. つぶす
    つぶれた缶

 

衣類は分ける

衣類だけで袋を分けて捨てます

 

ダンボール、紙類は特に手間が多い

あなたがネットで何かを買ってよろこんで中身を出したあとのダンボール、適当においてあるのではないでしょうか。

 

ダンボールの中にごみが入っている
中にごちゃごちゃっと入ったこんな感じ。

 

あとで片づけようと思っていたけど、すぐに妻が片づけてしまう。なんてことがあるのなら、あなたが片づけるわけがないと妻に思われていますよ。

 

ダンボールの片づけはかなり手間なのです。
  1. 中身をわける
    ダンボールとビニールを並べる
  2. 箱をつぶす
  3. ヒモなどでまとめる
    ひもでまとめたダンボール

 

この状態までもっていって初めて、ダンボールの片づけは終了です。

 

あまりやったことがないなと感じたあなたは素直な人です。そんな素直なあなたのことを妻は好きだと思います。

 

いつも何もいわずに片づけてくれていた妻に気づいてもらえたでしょうか。

 

「資源ごみを片づける妻」に気づこう

妻も1つ1つの作業をすっごく負担には思っていません。しかし、初めに言ったようにちりも積もれば山となります。

 

その小さな作業をくり返ししていることを、夫に気づいてもらえず、あたり前にされることにイラッとしているのです。

 

毎日小さな家事をがんばっている妻に気づいてください。

 

よければ一言「ありがとう」と言ってあげてください。

 

まとめ:夫のみなさん、ペットボトルを片づけてくれる妻に一言「ありがとう」を

服で口をかくす女性

 

・妻はあなたが台所に置きっぱなしにしたペットボトルにイライラしている

ペットボトルは氷山の一角であり、資源ごみの片づけはすべて面倒

・妻はあなたが、妻のがんばりに気づいていないことに怒っている

・妻に一言、感謝の言葉を!

 

家事はマイナスをゼロにもどす作業です。

 

出したものをしまい、使ったものを洗って、もとの場所へもどす。

 

そのくり返しなのです。1つ1つは大変ではありません。

 

しかし、それが集合体となり、毎日続くものになると、それは疲れるものになっていきます。そしてそれをあたり前だとされることはさみしくて辛いです。

 

夫のあなただけは、妻のささいな仕事に気づき認めてください。

 

数ある家事のなかで、なぜペットボトル1つに目くじら立てて怒ってしまうのか、そんな妻の気持ちを知ってもらえると嬉しいです。
ABOUT ME
ズボラ家事研究家 未来
ズボラ家事研究家 未来
3人子持ちワーママ。ていねいな暮らしにあこがれつつも、ままならずに方向転換。ズボラ家事を極めるために研究中!
あわせて読みたい