ミニマリスト

ミニマリストってめんどくさい!一緒に暮らすとうんざりする話聞く?

ミニマリストや断捨離が流行って

持っているモノが少ないことに快適さを感じる人間が一定数いることがわかりましたよね。

 

ミニマリストが爆発的に増えたことによって

ミニマリストと一緒に暮らす人も増えたことでしょう。

 

さて、ミニマリストと一般人が一緒に住むとどうなるか?

結論を言っちゃうと

超「めんどくさい」ですよ!(*´Д`)

 

この記事では、

ミニマリストである私がミニマリストではない家族に言っちゃう

「めんどくさい小言」を紹介していきます。

 

ミニマリストと一緒に暮らすあなたの参考になりますように!

ミニマリストと暮らすとめんどくさいと感じる小言3つとは?

ミニマリストって家の中に自分のお気に入りのものだけを置きたい!というこだわりが強い人です。

最小限のお気に入りのものだけに囲まれた生活!

なんて素敵!ときめく!高まる!

という感覚がミニマリストです。

 

しかし、ミニマリストではない家族

(以下、一般人という)

はこのこだわりが非常にうっとうしく感じるはずです笑

 

いやいや、イチイチそんなとこにこだわるなよ!

めんどくさい( ゚д゚)

とツッコミたくなることばかりでしょう。

 

そんなミニマリストと一緒に暮らすと

一般人にとってめんどくさい出来事がよく起こります。

 

それが「モノについての小言」です。

小言とは?

ぶつぶつ文句をいうこと

です(*´Д`)

 

モノを買う、捨てる、管理する

全てのモノに関する行動に小言が発動します。

ぶつぶつと文句を言われるワケです。

 

一般人が気にならないことがミニマリストには気にかかります。

そしてそれがケンカの火種になりまくります笑

 

一般人がミニマリストによく言われる

めんどくさい小言3つがこちら↓

  1. 「これもう捨てていい?」
  2. 「それホントにいるの?」
  3. 「あれ買ったけど、結局どうだったの?」

うわー!あるある!小言あるある!( ゚д゚)

「これもう捨てていい?」

ミニマリストと一緒に暮らす一般人が

よく言われるセリフナンバーワンではないでしょうか。

  • 放置したレシート
  • 使っていない健康器具
  • ホコリをかぶった鞄
  • 古い書類や衣服

などなど

一般人にとっては

なんとなく置いてあるもの

ミニマリストは執拗に見つけ出し、処分を促します。

 

一般人からすると

  • 「え、別に今捨てなくてもいいじゃん」
  • 「置いてても問題ないよね?」
  • 「使うかもしれないから、とりあえず置いておいて」

と、なんとなく判断を保留にしておきます。

 

そしてそれがあってもなくても、

特に生活に問題ないならいいじゃん。と思っています。

 

しかし、ミニマリストは不必要なものを家に置いておくのがイヤです。

「いらないなら捨ててよ!邪魔!」

と一般人の態度にイライラします。

 

一緒に暮らすとテリトリーの住み分けが難しいので、

ミニマリストが家中全部管理したくなっちゃうんですよね。

だから人のモノに口出しをします。

迷惑!( ゚д゚)

 

ミニマリストの小言を回避したいならば

この場所に置いてあるモノには何も言わない

というテリトリー分けをしてしまった方がもめません。

「それホントにいるの?」

モノを買うときにもミニマリストは敏感に反応します。

 

モノを買おう!と思ってワクワクしているときに

「それホントにいるの?」と水を差してきます。

イヤな顔と冷ややかなセリフでストップをかけてくるのです。

楽しく買い物しようとしてるのに

なんだよめんどくさいな!

と一般人はイラっとすることでしょう。

 

ミニマリストは持ち物にこだわりが強いので

なかなかモノを買いませんし、

買うときにはそれなりの理由を持っています。

 

さらには持っているモノを整理して捨ててから、

買うものの場所を確保してから買う

という周到さです。

 

だから、何の準備もなく

ノリだけで買おうとする一般人にイラっとしてしまいます。

 

それを買ったあと、

どこに置くのか?どう管理するのか?!

と指摘してきます。

 

一般人は買い物を一時停止されてイラっとするかもしれませんが、

買う前に「それが本当に必要か?」を考えるのは悪くありません。

 

それが本当に必要な買い物ならば

ミニマリストを説き伏せられるはずです。

 

ここは真っ向から戦うべきでしょう。

必要性をしっかりと説明してプレゼンしましょう!

 

自分のモノくらい自由に買いたい…

と思うかもしれませんが

一緒に暮らすって意見のすり合わせばかりです。

 

しかも、めんどくさいミニマリストと一緒に暮らしていくなら

あなたのプレゼン能力も上げておきましょう(*´Д`)

「あれ買ったけど、結局どうだったの?」

これは反省しろ系の小言ですね。

ミニマリストは一般人が購入するものを全て把握しています。

以前あなたが買ったものが、

今どのような状態にあるのかを知っているのです。

 

だから時々

(前に買ったアレ、結局使ってないよね?

いらなかったよね?

私が言ったとおりだったよね?!!

もういらないモノは買わないでよ!)

という意味をこめて

「あれ買ったけど、結局どうだったの?」と

ふりかえりを要求してきます( ゚д゚)

 

ミニマリストぐいぐい来るな

めんどくさい笑

さて、ミニマリストからの小言あるある3つを紹介しました。

 

ミニマリストと一緒に暮らすと

一般人は肩身が狭くなること間違いありません(*´Д`)

 

当然、下手な買い物はできなくなります。

 

しかし、一緒に暮らすのは

ミニマリストではなく大好きな相手であることを忘れたくないですよね。

 

ミニマリストと一緒に暮らすにはコツが必要です。

その方法をご紹介しましょう↓

めんどくさい系のミニマリストと快適に暮らすには?

ミニマリストはこだわりが強いです。

そして、わりと自分が正しいと思っている( ゚д゚)

 

モノの管理をしているのは自分だし、

このモノの量をキープできて家が片付いているのは

ミニマリストの功績だよね?!

と思っています。

 

ありがた迷惑になっちゃうときも多々あるのにね(*´Д`)

 

ミニマリストと一緒に暮らすには家族間の

テリトリー分けが大事です。

 

簡単に言えば、

口出していい範囲を決めることですね。

 

ミニマリストのこだわりをそのまま一般人に押し付けるのはアウトです。

 

でも、一般人も何も譲らずに

モノの管理をミニマリストに丸投げするのもフェアじゃない。

 

モノは減らさないと永遠に増えますから、

モノの管理は意外と重要な仕事です。

 

それをやってくれると言っているのだから

多少は協力しましょう。

 

だから、お互いが納得して暮らすためにはしっかりと話し合う必要があります!

ミニマリスト妻と一般人夫家庭である

わが家ではこのような決まりになっています。↓

  1. 捨てるときは相談
  2. 買うときも相談
  3. 夫の部屋はさわらない

私がミニマリストになってから

夫とは何度もぶつかりました。

 

ミニマリストである私は

家にある全てのものを私の思うように管理したかったからです。

 

しかし、ミニマリストの思想がだけが正しいわけではないことを

夫から学び今のルールに落ち着きました↓

捨てるとき、買うときは相談

ゴミ箱

家にある共用のものを捨てるときは相談が必要です。

例えば、

  • 使っていないミニヒーター
  • チャイルドシート

など粗大ごみになるようなものは相談します。

誰か欲しい人がいないか探したり、

まだ使えるという話になったりするので独断はダメです。

 

しかし、夫が使わないキッチン用品や

私の私物などは勝手に捨ててもOKです。

 

夫の行動範囲外のものは私の判断でどんどん処分できます。

 

そして、買うときも同じです。

 

私物は勝手に買ってもいいのですが、

置き場所が自分の部屋以外になるものは相談が必要です。

 

例えば、最近夫が欲しがったものはスピーカーです。

アレクサ機能がついた最新のスピーカーで音にこだわりのある夫イチオシでした。

置き場所はリビングです。

 

私は最初、いらないでしょと突っぱねていましたが

夫の度重なるプレゼンに折れて購入しました。

 

ミニマリストを口説き落とすのは大変だと思いますが、

苦労して買ったものには愛着がわきますので笑

 

買い物の際はしっかり口説いてくださいねというルールです(*´Д`)

夫の部屋はさわらない

ガイコツ

ミニマリストと一般人がうまくやっていくには、

一般人専用の場所を確保するのが一番近道です。

この部屋の中は一切触らないし口を出さないこと!

という場所をつくります。

 

すると、ミニマリストもその場所を

自分のテリトリー外だとわかりやすく認識できます。

テリトリー外なのでミニマリストもすっきりします。

 

一般人は自由になる場所を確保できて

ミニマリストも管理する場所が明確になってイライラしない!

 

ミニマリストと一般人が仲良く暮らすコツは

個別スペースを確保することです。

ミニマリストはめんどくさいけど許してやって

夫婦

ミニマリストと一緒に暮らすことになった一般人は不憫です。

異常にモノを減らしたがるミニマリストはこだわりが強いし、

一般人は気を使うことでしょう。

 

最初はその扱いにとても困ると思います。

特に新米ミニマリストは、

モノを究極まで減らしたい熱に浮かされるので周りはいい迷惑です。

 

新米ミニマリストが夫に迷惑かけた経験談↓

 

そのうちいい塩梅のところで落ち着くので長い目でみてやってください。

 

私もミニマリストとして夫にご迷惑をかけながら

夫と話し合いつつ家のモノの管理に奮闘しています。

 

ミニマリストと一緒に暮らすのは、一般人にとって

めんどくさい!って絶対思います。

 

でも、ミニマリストが家族にうるさくいう根底には

家族が快適に過ごすため!

という思いがあります。

 

そこのところはちょっと理解して協力してあげてくださいね。

 

ミニマリストは確かにめんどくさい!

でもただただ悪者にもしないであげて欲しいです。

 

テリトリー分けとルールを明確にして

お互いの主張を大切に一緒に暮らしていきましょう^^

 

よろしくお願いします!

 

おしまい!

 

created by Rinker
KADOKAWA
¥1,540
(2020/08/13 12:30:30時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
みらい
みらい
3人子持ちワーママ。暮らしの中で使ったものやサービスについてひたすら文句を言うのが得意。