室内運動おもちゃ

子供が室内で体を動かすおもちゃを使うデメリット3つと買うときの注意点!

ニコニコ

家の中で体を思いっきり動かすことのできるおもちゃがあったら

子どもは喜ぶし、私もラクできるはず!と思って

体を動かすおもちゃを探しているあなた。大正解!!

 

室内で体を動かすおもちゃは子どものくいつき効果バツグンで、コスパ最高です^^

しかし、体を動かすおもちゃは大きくて場所もとりますので

買う前にデメリットと買う際の注意点を知っておいてください。

この記事では

  1. 室内運動おもちゃのデメリット
  2. 買う際の注意点

をまとめました!

購入の参考にしてください^^

子供が室内で体を動かすおもちゃとは?

トランポリン

幼児が家の中で体を動かすおもちゃの代表を3つ紹介しますね!

  1. トランポリン
  2. すべり台
  3. 足けり車

わが家ではこの3つをすべて購入して使っています!

小さな女の子
子供が室内で体を動かすおもちゃならこの3つ!リアル使用感を徹底解説「お外で遊びたい!!」と元気な子どもにせがまれて困ってしまうときってありますよね。 外が暑かったり、寒過ぎたり、雨だったり、親自身...

子供が室内で体を動かすおもちゃを使うデメリット3つ

顔をおおう子ども

室内で運動できるメリットはたくさんありますが、

室内でダイナミックに遊ぶということにはやはりデメリットもあります。

デメリットはこの3つです。

室内運動おもちゃのデメリット3つ

  1. マンションでは騒音が心配
  2. 大きいので置き場所の確保が大変
  3. トランポリンのカバーはすぐにやぶれる
  4. 3歳が足蹴り車で走るスピードが早すぎて赤ちゃんにぶつかる危険性

 

マンションでは騒音が心配

子どもが体を動かして遊びだすと、走りまわって飛び跳ねてと大騒ぎです。

マンションの上階に住んでいる場合は下の方に気をつかわないといけませんよね。

私がマンションに住んでいたときに

一度だけ下の階の方に注意をうけたことがあります^^;

トランポリンの下に敷いたマット

マットをひいて騒音対策したり、騒いでも迷惑にならない時間帯を選んで遊ぶようにしたいですね。

 

置き場所の確保が大変

子ども部屋

室内運動おもちゃは大きいです。

トランポリンなら直径1m程度、すべり台なら広げた状態で半畳は必要です。

 

子どもがおもちゃを大好きになること間違いナシなので

一度出したら出しっぱなしです。だから、置き場所の確保は重要!

置き場所は買う前にキッチリ決めておきましょう!

 

トランポリンのカバーがすぐにやぶれる

やぶれたトランポリンのカバー

トランポリンは購入して2ヶ月ほどでカバーがやぶれはじめました

カバーがやぶれたまま放置すると中のスポンジが出てきてしまいます。

 

小さなスポンジこのスポンジは赤ちゃんの口に入る可能性があります。

実際に8カ月の長女の口に入っていたものを

飲み込む前にとりだしたことが2回ほどあります。

 

私はテープで補修しながら使っていますが、

トランポリンのカバーだけ売っているので

やぶれはじめたらすぐに買う方がいいでしょう。

 

トランポリンカバー購入失敗談

このくらいのサイズであっているだろうとAmazonで適当に買ってしまいました。

すると、返品できないという悲しいコトに…!

カバー購入の際はサイズのチェックをお忘れなく!

 

足蹴り車が赤ちゃんにぶつかる危険性

眠る親子3人

3歳にもなると足蹴り車の運転が上手になります。

スピードも速くなるので、赤ちゃんがいる家庭では注意が必要です。

 

3歳の次男は8カ月の長女にわざとぶつかりにいくというイタズラもします。

 

本人はぶつかるつもりがなくても、

赤ちゃんが寄ってきてぶつかる可能性もあるので気をつけなくてはいけません。

 

子供に室内運動おもちゃを買うときの<注意点>

考える女性

ここだけの話ですが!

私はこの室内運動おもちゃを買うときにもっと考えておけばよかった!!

と後悔しているコトが1つだけあります。

1つだけ後悔していること

インテリアとの兼ね合いを考えなかったこと!!

この室内運動おもちゃたち、とーっても長い付き合いになります。

実はこんなに長く使えるとは思っていませんでした…^^;

 

わが家は長男が1歳のときに購入したものを

3人目まで使っているのでさらに長い期間使います。

 

だから

最初に購入したときと今の私のインテリアに対する趣味が違うんです!

 

リビング

最初は子どもだから、カラフルなものが可愛くていいよね

と思っていたのですが

 

今はシンプルなものが大好きで、インテリアもシンプルにしたいと思っています。

 

しかし、すでに買ったこの大型おもちゃたちの色は変えることができません。

カラフルすぎて色がうるさい!と今では思っています…

 

子どもたちはこの大きな運動おもちゃが大好きで気にっていて、

私もいつも助けてもらっています。

だから子どものおもちゃとしては大大大活躍です。

 

しかし、色…この色だけもう少し控えめなものを選べばよかったと後悔しています。

 

運動おもちゃの購入を検討される方への注意点

「長くつき合うおもちゃ」であるということを知ったうえで

親のインテリアの趣向に合うものを選んでおくと失敗がありませんよ。

子供に室内運動おもちゃを買うデメリットと注意点

泣きそうな子ども

室内運動おもちゃのデメリット4つ

  1. マンションでは騒音が心配
  2. 大きいので置き場所の確保が大変
  3. トランポリンのカバーはすぐにやぶれる
  4. 3歳が足蹴り車で走るスピードが早すぎて赤ちゃんにぶつかる危険性

デメリットはたくさんありますが、

親の見守り、カバーの点検、騒音対策をしておけば全部クリアできるものばかりです!

買う前に知っておけば問題ありません^^

 

買う前に注意すること!

大型おもちゃの色やデザインは

親の好きなインテリアになじむものを選ぼう!

室内運動おもちゃは大きくて存在感バツグンです。

そして、意外なほど長いつきあいになるのでインテリアとの兼ね合いはしっかり確認してくださいね!

 

運動おもちゃのレビューを見たい方↓

幼児が室内で体を動かすおもちゃならこの3つ!リアル使用感を徹底解説

すべり台の選び方を知りたい方↓

【5000円以下】おすすめの折りたたみ滑り台5選!選び方は見た目重視!

 

おすすめのトランポリンを知りたい方はこちらの記事をどうぞ

【4000円以下】おすすめトランポリン3選!あなたの家庭にあった「選び方」

 

プレゼントをお探しならこちらの記事をどうぞ

【ままごとキッチン】プラスチック製は耐久性に問題あり。おすすめ木製キッチン5選

ブロックの種類多すぎて迷う!あなたの子どもにピッタリの【選び方】とおすすめブロック5選

【16000円以下】4歳、5歳におすすめの自転車5選!選び方も解説!

ABOUT ME
ズボラ家事研究家 未来
ズボラ家事研究家 未来
3人子持ちワーママ。ていねいな暮らしにあこがれつつも、ままならずに方向転換。ズボラ家事を極めるために研究中!
あわせて読みたい