ブロック

レゴクラシックは何歳から?5歳におすすめしない理由を失敗から語る

海賊レゴ人形

「レゴクラシックの対象年齢は4歳からか!」

「5歳になって手先も器用になってきたし、

5歳の誕生日プレゼントはレゴクラシックでしょ!」

と思っているあなたに

ちょっとストップ!

 

レゴクラシックとはこれ↓

ブロックパーツはかなり小さいです。

 

この記事では、レゴクラシックを扱えるかどうかを

対象年齢で選んではいけません!

というお話をします。

私の失敗談を踏まえてお話しますので、ぜひ購入の参考にしてください↓

レゴクラシックは何歳から対象年齢?

レゴの人形と家

レゴクラシックは

「対象年齢4歳から」

と表示されています。

 

しかし、これはですよー(*´Д`)

 

これを正しく変換すると

「レゴクラシックの対象年齢は

(ブロックが大好きで得意な)4歳から」

です笑

 

あまりブロックでは遊ばないけれど、もう5歳だし使えるでしょ。

これから上手になっていくよ!と思って買うと

 

遊びません。

 

なぜなら、おもしろくないからです。

 

悲しい顔

子どもは自分の手で自分の思うものをつくることを喜びます。

「自分でつくれた!楽しい!」という

成功体験をつみあげることで

ブロックが大好きになります。

ブロックが小さすぎてうまくはめられない、

自分で取り外しできない。

ということがあると、ストレスを感じてすぐに飽きてしまうのです。

 

レゴは「対象年齢」ではなく

「子どもの成長にあっているかどうか」で選ばなくてはいけません。

実際に私が購入したレゴデュプロの詳細レビューはこちら>>

レゴデュプロおおきなこうえん【口コミ】コスパ、デザイン良しで大満足

5歳にレゴクラシックをおすすめしない理由は?

レゴの青い入れ物

わが家のレゴクラシックはこちら↑

もう生産しておらず、現在は黄色のアイデアボックスになっています。

created by Rinker
レゴ (LEGO)
¥1,500
(2020/10/19 00:45:59時点 Amazon調べ-詳細)

 

私の5歳長男はブロックであまり遊びません。

そんな長男にブロックを

好きになってもらいたくて

レゴクラシックをプレゼントしました。

対象年齢4歳からだからレゴクラシックで大丈夫!

という理由で購入→

見事撃沈

 

最初はものめずらしくさわっていましたが、

自分の手ではうまくできないことがわかると

全くといっていいほど遊ばなくなりました。

 

自分でつくることはせず

「ママつくって」です。

 

トランポリン

遊ばない理由は

「子どもの発達にあっていないから」

です。

 

自分の手でできるサイズの自分の成長にあったブロックを子どもに用意することで

子どもは自分で伸びていきます。

子どもの成長、発達にピッタリ

おもちゃを選ぶことが親の役目です。

私は「これくらいできるだろう」とちょっと背伸びして買った結果、失敗しました。

 

レゴは表記されている対象年齢ではなく

子どもがどれくらいレゴを扱えるか?に合わせて選びましょう!

正しい選び方について次に解説します↓

created by Rinker
レゴ (LEGO)
¥7,919
(2020/10/19 00:46:00時点 Amazon調べ-詳細)

5歳のレゴの正しい選び方とは?

5歳だからレゴクラシックだ!と年齢で決めつけるのではなく

子どもの発達状況をよく見てあげてください。

<レゴを買う前のチェックポイント>

  1. 子どもがどれくらい指に力があり
  2. どれくらいあつかえるのか
  3. ブロックの創造力はどれくらいか

確認してくださいね!

 

保育所や幼稚園で使っているブロックのサイズを確認して、

先生にどれくらい作れるか聞いてみるのも1つの方法ですね!

 

あまりブロックで遊んでいないならば、レゴクラシックはおすすめしません。

 

ブロックは奥のふかい知育玩具です。

知育玩具は子どもの

発達にピッタリとあったものを使うことで成長のサポートをしてくれます。

 

子どもが集中してブロックで遊ぶためには、

ブロック選びは超重要です。

 

子どもがブロック慣れしていないならば、

背伸びせずにレゴデュプロから始めましょう。

 

こちら↓が基本サイズ。

created by Rinker
レゴ(LEGO)
¥4,790
(2020/10/18 21:29:33時点 Amazon調べ-詳細)

 

レゴで遊ぶと散らかりまくるので、ブロックプールも一緒に購入しておきましょ。

created by Rinker
カワダ(Kawada)
¥1,255
(2020/10/18 23:56:30時点 Amazon調べ-詳細)

 

「またこんなところにブロックおいて!ふんだら痛いでしょ!」

という親が怒り狂う事件をおこさないために合わせて購入しておくとお片付けもスムーズですよ!

あわせてチェックしてみてください^^

5歳にレゴデュプロがおすすめ?納得できない?

はしごを上るレゴ人形

対象年齢が何歳と書いていようと、

大切なのは子どもにあっているかどうかです。

 

5歳の時点ですごくブロックが得意!手先が器用!という子は

レゴクラシックで問題ありません。

 

レゴクラシックの売れ筋ナンバーワン商品はこちら↓

created by Rinker
レゴ (LEGO)
¥3,291
(2020/10/18 22:23:06時点 Amazon調べ-詳細)

 

5歳であっても

  • ブロックであまり遊んでいない場合
  • これから好きになって欲しい場合

レゴデュプロから始めると失敗がありません

 

レゴデュプロは幼児用のレゴです。

5歳の子にこんな子どもっぽいものってどうなの?

と思うかもしれませんが、

長男の保育園の5歳児年長クラス(5歳と6歳の子のクラス)では

レゴクラシックとレゴデュプロの

両方が用意されています。

 

子どものプロ、保育士さんが5歳児に用意したブロックがこの2つです。

同じ5歳であっても

成長の違いによって遊ぶブロックが違う

ことを保育士さんはよくわかっています。

 

レゴデュプロに興味が出てきたら

5歳でレゴデュプロはちょっとイヤだ?

ほうきを持ったレゴ人形

5歳の子にどうしてもレゴデュプロは納得できない!

と感じるあなたにぴったりの商品があります!

 

それは、レゴデュプロとレゴクラシックのつなぎ役である

レゴジュニア」です。

 

レゴジュニアについては

レゴデュプロより「レゴジュニア」がおすすめ?

考える女性

成長にあったレゴを選ぶ必要性はわかるけど、

 

5歳の子に

レゴデュプロはどうしても納得いかない!

というあなたには

レゴジュニアをおすすめしましょう!

あまり知られていないのですが、

レゴデュプロからレゴクラシックへ

スムーズに移行するためにつくられたのがレゴジュニアです。

 

ブロックのサイズは基本のブロックサイズ、

レゴクラシックと同じ大きさなので小さめです。

 

しかし、レゴジュニアには

子どもが自分で組み立てられる工夫があります。

 

レゴクラシックは何でも自由に好きにつくろう!という感じで

自由度が高いです。

 

それがレゴクラシックの良いところでもあり、欠点でもあります。

created by Rinker
レゴ (LEGO)
¥9,800
(2020/10/19 00:46:01時点 Amazon調べ-詳細)

 

ブロックも小さいし、自由度が高すぎる

何をつくっていいかわからないという子どもが多いのも事実です。

しかし、その点レゴジュニアは組み立ての

完成形が提示してあり、イラストたっぷりの組み立て方説明書もついています。

 

ある場面を表現するためのブロックなので

作り方の自由度は低いですが、子どもは完成形を目指してじっくり取り組むことができます。

 

ブロックのプラモデルのような感じです。

集中して完成形を目指すことで、レゴクラシックサイズのレゴに慣れていくことができます。

 

完成形までの工程が少ないこともレゴジュニアの特徴です。

 

少ない手数で、完成することで「自分でつくった!」という達成感を得ることができます。

この達成感が子どもをレゴ好きにしていきます^^

そしてレゴジュニアには5歳の子が好きそうなテーマがたくさんあり、

大好きな世界観の中で創造力を膨らませることができます。

created by Rinker
レゴ (LEGO)
¥9,800
(2020/10/18 16:20:20時点 Amazon調べ-詳細)

 

レゴデュプロはちょっと…というあなたに、レゴジュニアは最適ではないでしょうか(*´Д`)

 

レゴクラシックへ進む前のワンクッションとして、

レゴジュニアをぜひご検討ください↓

 

女の子用のレゴを探している方が読む記事>>

レゴフレンズのおすすめ6選!小学生の女の子に人気の商品まとめ

 

レゴデュプロのおすすめを知りたい方はこちら>>

【2020年新作含む】レゴデュプロのおすすめ商品まとめ!買いすぎ注意!

 

ABOUT ME
らい
らい
3人子持ちワーママ。暮らしの中で使ったものやサービスについて書く口コミ屋さん。
あわせて読みたい