ブロック

【3歳】失敗談から学ぶブロックの選び方とおすすめのブロック2つ!

おもちゃ

子どものおもちゃブロックってたくさん種類があるな。

「3歳になると、どれがいいのかな?」と迷ってしまいますよね。

 

1歳、3歳、5歳の子ども3人を育てて

ブロック選びに3度悩んだ私の失敗談を踏まえて

3歳にぴったりのブロックをご紹介します^^

 

子どもの発達と興味にベストフィットのブロックを買ってあげれば、

あなたの子どもはぐんぐん伸びます!

created by Rinker
バンダイ(BANDAI)
¥5,000
(2019/09/18 15:10:07時点 Amazon調べ-詳細)

3歳のブロック選びの【失敗談】とは?

レゴブロックの箱わが家の次男3歳はブロックが好きです。

だから、ちょっと背伸びして「これくらいできるんじゃない?」と

対象年齢4歳からのレゴブロックを買ってみました。

 

↑の写真のブロックですが、今は販売しておらず

現在は「レゴクラシック 黄色のアイデアボックス」になっています。

created by Rinker
レゴ (LEGO)
¥3,655
(2019/09/17 19:32:05時点 Amazon調べ-詳細)

対象年齢4歳以上で、定番の人気商品です。

 

3歳半なので、もう4歳からのレゴブロックも楽しいはず!

 

そう思って購入しましたが、

全く遊びません。

小さすぎて扱いずらく、遊ぶときに親の助けがいります。

だから自然と遊ばなくなってしまいました。

 

キャラクターブロック

次男は結局、1歳半から愛用しているアンパンマンブロックを今も使っています。

これなら、自分で全部できて、つくりたいものを形にすることができるのです。

3歳には「自分でできる」という部分が重要なのです。

created by Rinker
バンダイ(BANDAI)
¥5,000
(2019/09/18 09:52:49時点 Amazon調べ-詳細)

 

親が先走るとろくなことがありません…^^;

3歳次男が今も愛用するアンパンマンブロックのレビューはこちら↓

ブロックで遊ぶ子どもの手
【口コミ】アンパンマンブロック「はじめてのブロックワゴン」のたった1つの欠点はこれ!子どもが1歳半になって、そろそろブロックにも興味がでてくるころ。アンパンマン大好きだし、ここはアンパンマン「はじめてのブロックワゴン」に...

【3歳】のブロック選びのポイントとは?

ブロックの箱3種類私のような失敗をしないためにブロックを選ぶときは

  1. 手の大きさにあっているか
  2. 子どもの通う保育園や幼稚園で使っているものか

この2つをチェックしてください。

3歳という年齢は成長の個人差がとても大きい時期です。

だから「対象年齢3歳から」という表記をうのみにしてはいけません。

 

手先が器用な子もいれば、ボタンをとめることがむずかしい子ももちろんいます。

その差があるのに、もう3歳だからこれくらいできるはず!

という期待をこめてむずかしいブロックを買ってはいけません。

 

ブロックがその子の成長にあっていないと

むずかしい→できない→おもしろくないブロック苦手

となります。

 

その子にあったものを選ぶことができれば

簡単にできる→できた!→おもしろい→ブロック大好き

と子どもが勝手に伸びていってくれます。

 

その子のできることにピッタリとあったブロックを選ぶことができれば、

あなたの子どもはきっとブロックが好きになります。

子どもの手に大きさにあっているか

手をつなぐ

子どもの手に小さすぎると、子どもは遊びにくいです。

子どもの手にあつかいやすいサイズのものであるかどうか確認してください。

3歳はまだ指先の力が弱いので、

ブロックの取り外しはしやすいものであるかどうかも見ておきましょう。

子どもの通う保育園や幼稚園で使っているものか

たくさんのレゴブロック

できれば、子どもが通う場所でつかっているものを選びましょう。

公共のものはみんなのものなので、好きに全部使えません。

どこか我慢して使っているはずです。

 

いつもは1人じめできなかったけれども

家にあれば全部使える!思うぞんぶん遊べる!という感覚が子どもをブロックにのめりこませてくれます。

 

一口にブロックといっても

  • レゴタイプ
  • 格子型タイプ
  • 磁石タイプ

とさまざまな種類があります。

 

ブロックの種類が多すぎて迷ったなら

がお役に立つはずです^^

3歳におすすめのブロックは?

カラフルなブロック

先ほど紹介したブロック選びのポイントをふまえて

3歳の手の大きさ、力の強さであつかいやすいブロックは

  1. アンパンマンブロックラボ
  2. レゴデュプロ

この2つです。

アンパンマンブロックラボ

アンパンマンブロックの入れ物

アンパンマンブロックラボとは、みんな大好きなアンパンマンが描かれた王道ブロックですね。

1歳から遊べるブロックですが、その真価が発揮されるのは3歳を過ぎてからです。

 

「1歳から使えるブロックを買うなんて、使える時間が短くてもったいない…

と思うかもしれません。

 

しかし、この1歳からでも使えるような「使いやすさ」は重要なポイントです。

 

3歳の子どもは難しいものにチャレンジして「できた!」という達成感を味わう喜びを知りません。

そこまで忍耐力がないのです。

だから、「簡単にできる!ヤバイ!私って天才かも?!」と思いながら遊ぶ方が超絶楽しくてハマるのです。

もったいないと思わずに、その時に楽しく遊べるものをきちんと用意してあげると子どもはグッと食いつきます^^

 

アンパンマンブロックラボと言っても種類がたくさんあって

ブロックだけのものから、すべり台やブランコ、観覧車や、電車のパーツがついたものまで幅広くあります。

3歳なら、このパーツが充実したものがハマりやすいです。

簡単にはめ込むだけで、すごいものができる達成感をしっかり味わえます!

created by Rinker
バンダイ(BANDAI)
¥2,736
(2019/09/17 17:01:26時点 Amazon調べ-詳細)

 

3歳のアンパンマンブロックは【ワールドシリーズ】を買いましょう!

↑のようなドールハウスをどーんと作れるボリューム満点のものあります^^

 

アンパンマンブロック【ワールドシリーズ】については

レゴデュプロ

レゴデュプロは幼児用のレゴで、アンパンマンブロックと大きさの規格が同じです。

どっちを買っても、混ぜて遊ぶことができます。

created by Rinker
レゴ (LEGO)
¥6,777
(2019/09/17 19:29:38時点 Amazon調べ-詳細)

 

アンパンマンブロックよりもビビッドなカラーが特徴的ですね。

レデュプロは海外産なので、ダイナミックな商品が多いです^^

こちらは動物好きにはたまらない。

created by Rinker
レゴ (LEGO)
¥13,480
(2019/09/17 19:29:40時点 Amazon調べ-詳細)

 

ブロックのボリュームも多く、想像力を刺激するパーツもそろっています。

これで遊園地つくろ!とか言ったらテンションMaxで振り切れちゃうでしょうね笑

created by Rinker
レゴ (LEGO)
¥7,880
(2019/09/17 19:29:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

女の子向けもあります↓

レゴデュプロのおすすめ商品をまとめた

2つとも長年ブロックの研究を続けて開発されたブロックです。

 

この2つのブロックが同じ大きさをしているということは、

このブロックの大きさが子どもにとって遊びやすいジャストな大きさだということの証明です。

私は自信をもってこの2つのブロックをおすすめします!

私が実際に3歳次男のために購入したレゴデュプロのレビュー>>

レゴデュプロおおきなこうえん【口コミ】コスパ、デザイン良しで大満足

3歳のブロックの選びがブロック好きへの道を決める

レゴデュプロ
ブロックを選ぶコツ
  • その子の成長にあったもの
  • その子の手の大きさにあったもの
  • 保育園や幼稚園で使っているもの

子どもはできない、おもしろくないとすぐにやめてしまいます。

 

だから、子どもにブロック好きになってもらいたいなら

「できるか、できないか」微妙なラインのものを買うことはやめましょう!

 

子どもが1人ではめて、外せるブロックがベストです。

子どもの楽しいは「自分でできた!」を味わえること。

子どもが楽しく遊べる環境をつくってあげることが親の役目です。

created by Rinker
レゴ (LEGO)
¥6,777
(2019/09/17 19:29:38時点 Amazon調べ-詳細)

あなたの子どもがブロック好きになるかどうかは、あなたのブロック選びにかかっています。

3歳の手の大きさには

  • アンパンマンブロックラボ
  • レゴデュプロ

がぴったりハマるはずです!

 

ABOUT ME
ズボラ家事研究家 未来
ズボラ家事研究家 未来
3人子持ちワーママ。ていねいな暮らしにあこがれつつも、ままならずに方向転換。ズボラ家事を極めるために研究中!
あわせて読みたい