体験談

妊娠中に家を買うデメリットとは?実際にやっちまった私の体験談

妊娠すると、家を買わなくちゃ!と思っていませんか?

昔ながらの習慣があるので、

「子どもができたら、家を買う!そういうものだ!」

と親から聞かされていれば、

そういうものかと何の疑問もなくそう思っている人は本当に多いのです。

 

しかし、実際に妊娠中に家を買った私からすると

妊娠中に家を買うなんて

デメリットしかありませんでした。

 

この記事では、私が実際に妊娠中に家を買った体験談を通じて

妊娠中に家を買うデメリットをご紹介しますね。

 

これから、家を買う人の参考になれば幸いです!

妊娠したら家を買うのはなぜ?

妊娠したら家を買わなくちゃ!と思っている人は男女問わず多いのは事実です。

 

それは人間の

巣作り本能によるものと、

親がそういう風にしてきたのでそうすべきだと

なんとなく思っているからです。

 

妊娠すると家を買わなくちゃ!と思う1番大きな理由は

子どもが増えると家が狭くなる

と感じるからではないでしょうか?

 

しかし、実際に生まれてみるとわかりますが、

子どもが1人増えたくらいですぐに家が狭く感じたりはしません。

 

子どものモノも増えますが、

1人くらい増えたくらいで生活が揺らぐような心配はありません。

 

しかし、子どもが生まれる未知の状況を目の前にして、

できる限り万全の準備を整えたい!と思うのが人間です。

 

その衝動に任せて、住宅展示場や不動産屋に足を運んでしまうと

内覧が始まって、営業の口車に見事に乗せられて

あれよあれよとという間に家を買ってしまいます。

 

そうなる前に一度考えてみてください。

本当に妊娠中が家を買うのにふさわしい時期であるかを!

私は断固NOだと訴えます!

 

その理由を次に解説します↓

妊娠中に家を買うデメリット2つとは?

私が妊娠中に実際に家を買う体験をして感じたデメリットは

  1. 圧倒的に時期が悪い
  2. 全てにおいて妻の負担が大き過ぎる

この2つです。

集約して2つにまとめましたが、これは内容満載ですよ!

 

では、解説していきますね^^

圧倒的に時期が悪い

妊娠中は体調が良い!と感じるときの方が少なくないですか?

いつもだるくて、眠くて、どこかに不調がある。

 

そんな状態で、いくつも家を内覧して比較して、考えて、

人生で一番大きな買い物の決断を下すのですか?

 

そんな人生を左右する大きな決断をするような時期ではないですよね^^;

 

妊娠中は体のことだけ考えて、慣れた土地、

慣れた家を子どもと過ごしやすいように整えることに体力を使う方がよっぽど巣作りとして有効です。

 

しかも、不動産屋と内覧の約束をした日に突然体調ががくっと悪くなったりもします。

 

私も何度か不動産屋との約束をドタキャンしたことがあり、申し訳なく感じました。

何よりも体調が大事なのに、不動産屋との約束にまで気を回すような時期ではありません。

 

家を買うのが、良いか悪いかは置いておいて

妊娠中は家を買うのに

全く適していない時期

だと断定できます。

 

元気な妊婦でさらに時間がある!という場合でも、おすすめはしません。

なぜなら、子どもが生まれるというのは人生で一番大きな変化とも言えます。

 

その生活環境が一変するときに、

住環境までも一変して

心身にさらなるストレスを与える必要はありません。

 

私は3人子どもがいて、実は妊娠中に2回引っ越しています笑

やめておけばよかったと思ったことは数知れません。

 

2人目の妊娠中に引っ越したときは、

新しく引っ越した家の臭いが耐えられずに家にいられないという悲惨な状況を体験しました。

妊娠中の体に新しい家が合うかどうかも住んでみないとわかりません。

 

もちろん徐々に慣れてはいきますが、

繰り返すように

大切な時期の体にさらならるストレスを与える必要はありませんよね。

圧倒的に妻の負担が大きい

妊娠中に家を買う事になると

体調不良に加えて、さらに

その他の雑務が全部妻に覆いかぶさります。

 

なぜなら妊娠中の妻は、

家にいる時間が長いからです。

 

おそらく出産ギリギリまで働いている人には家を買う余裕はないと思います。

家にいる時間が長い妊婦がいる。

この状況が家を買うことを推し進めることができる環境になってしまいます。

 

家を買うことになると、雑務がめっちゃ増えます。

▼発生する雑務例▼

  • 書類準備のために役所、銀行、郵便局へ行く機会が増える
  • 不備があれば、やり直し、再提出
  • 契約の日取りなどのスケジュールを管理

家を買うために発生する雑務は、

ほぼ妻が担当することになるでしょう。

 

なぜなら、妻は妊娠中で

家にいる時間が長いから!

 

さらに、家が決まったら今度は家の片付け&引っ越しの準備です。

  • 引っ越し屋さんとスケジュールを組み
  • 家の不用品を徐々に片付けつつ
  • ダンボールに荷物を詰めていく

 

これらの作業も、大半は妻が担うことになるでしょう。

なぜなら、妻は

妊娠中で家にいる時間が長いからー!!

 

さらに、上の子がいる場合はこれらの作業を

子育てと平行して行います。

 

妊娠+上の子の世話+家事

に加えて

不動産屋購入手続き&引っ越し準備

を行うことになります。

 

どう考えてもキャパオーバーでしょう?!!

体調不良も重なると目も当てられませんよ?!

 

私は妊娠中に必死にこれをこなしました。

マジで今考えるとバカじゃない??の一言です。

 

だって、どう考えても疲れちゃいますよこれは…

夫も妻に負担をかけたいわけではないと思いますが、

仕事している身からすると

  • 平日に役所、銀行、郵便局はお願いね
  • 引っ越し屋さん呼んでおいてね
  • 上の子の世話ももちろんよろしく

だって家にいるんだから!!

という何の悪気もない感じなんですよね。

 

妊娠中のただでさえイライラしたときに、

これらの業務を全て任せられた妻はそりゃあもう精神不安定になりますよ?

 

妊娠中に家を買うのは本当にやめた方がいいです。

さらに、この雑務は引っ越した後にも続きます。

引っ越したあとはどうなる?

引っ越したあとにもまだまだ、ストレスは続きます。

生活が安定するまでには最低でも2ヶ月かかると思っておいてください。

 

まず、引っ越したあとは役所ですよね。

手続きをして、不動産屋とのやりとりもしばらく続きます。

 

もし出産直後ならば

新生児を抱えたまま、生活基盤を整えるために1から動かなくてはいけません。

 

水道や電気の契約、

そしてネット環境が整うまでには工事の必要もあり1ヶ月以上かかりました。

ネットのない生活は思ったよりもストレスです。

 

そして、もちろん近所づきあいも変わり、

スーパーでの買い物方法も変わり、

上の子どもがいる場合は幼稚園や保育所の変化もあるでしょう。

 

家を買う一大イベントには

家族全員の環境変化というストレスに加えて

生活基盤が全く整っていないせいで不自由を感じるイライラも上乗せされます。

 

さらに、家が変わるのに合わせて、

エアコンなどの大きな家電や家具の予想外の出費も出てきます。

 

家を買ってお金が目減りしたところに、予想外の家電や家具の出費がまた痛い。

 

妊娠中で収入が減っているのに、

どんどんお金が出ていく不安もストレスになります。

 

生活環境が整っていないと、人間はめっちゃ荒れます。

 

新しい家に引っ越してから、精神的に落ち着いたと感じたのは

半年以上たってからでした。

 

妊娠中に家を買えば、出産直前か、出産直後の引っ越しが余儀なくされます。

確実に妻の心身ストレス

フルマックスを越えると予想されます。

 

出産直後だと、言わずもがなさらにさらに大変です。

 

私は3人目の出産直後に

新しく買った家に引っ越して、それはもう悲惨な状態でした。

 

出産したばかりで

思うように片付かない家にストレスを重ねまくった私は

上の子たちにはキーキー怒りまくり、

どうして家なんて買ったのか?と後悔ばかりを繰り返していました。

 

今思い出しても、決してその時期には戻りたくありません。

 

もっと、落ち着いた時期にゆっくり家を買えば

家を買うというイベントを楽しむ余裕もあったかもしれません。

 

妊娠して出産に合わせた、一世一代の家購入は

絶対にやめた方がいいですよ!

妊娠したら家を買うのは子どものためにやめておいて

妊娠したら家を買う行動は、子どものために!という心理があるはずです。

しかし、子どもはキレイで新しい家に生まれてきたいわけではありません。

 

子どもは健全な状態の両親のもとに生まれてきたいはずです。

 

家自体は新しくてキレイなのに、

家の中は引っ越ししたてで片付いてなくてぐちゃぐちゃ、

新生児の世話に手をとられて新しい家をキレイに保てないストレス

そんな余計なものを抱える必要はありません。

 

新しい家自体に価値はありません。

 

あなたの心の余裕にこそ、価値があります。

慣れた環境、慣れた家にはあなたを支える力もあります。

 

妊娠中に家を買いたくなる気持ちはわかります。

しかし、家を買うのはとても大変です。

先ほども紹介したように、妊娠中の妻へ全ての雑務が覆いかぶさります。

 

夫が手伝うから大丈夫!と言っても

時間のある妻がただ寝転んでいられることはありません。

 

新しい家を買うためにかかえるストレスに本当に価値があるのか?

それは妊娠中にかかえるべきストレスか?

 

妊娠中に家を買いたいと思っても、

適切な時期ではない

が妊娠中に実際に家を買った私の回答です。

 

 

 

おしまい!

 

 

 

ABOUT ME
みらい
みらい
3人子持ちワーママ。ていねいな暮らしにあこがれつつも、ままならずに方向転換。ズボラ家事を極めるために研究中!
あわせて読みたい