ズボラ育児

【裏ワザ】2歳の子供が歯磨きを嫌がるときのスムーズな対処法4選

子ども 歯磨き

子どもって歯磨き嫌がりますよね。

2歳になるとイヤイヤ期も重なって、泣きさけんで嫌がることも多いです。

 

そんなときママは「しっかりみがかないと虫歯になってしまう…」と心配してしまいますよね。

あなたのために心配しているのに!とイラっとしてしまって

「すぐ終わるから!」とムリやり押さえつけて歯を磨いてしまっていませんか?

 

わが子の歯を守ろうとする気持ちはわかりますが、ムリやりされると子どもはもっと歯磨きを嫌がることになります。

 

子どもが歯磨きを嫌がるときは、ちょっと違うやり方でトライしてみましょう。

この記事を読めば、子どもを押さえつける苦痛な歯磨きがラクになるはずです^^

2歳の子供が歯磨きを嫌がるときは音楽に乗せて

子ども 音楽

NHKのおかあさんといっしょという超人気番組で20年以上前から人気の

「はみがきじょうずかな」の音楽に乗せて歯磨きしてみましょう!

 

子どもはたくさん言葉を話すようになっても

言葉だけで通じないことが多々あるんです^^;

 

youtubeで視覚的にわかりやすく伝えてあげることで歯磨きの大事さがわかりやすくなります。

 

youtubeを見せるのはちょっと…と抵抗のある人もいるかもしれません。

でも、子どもと楽しく歯磨きできるならそのときだけ利用するのはかしこい選択ですよ^^

 

今は幼児教材で有名な「こどもちゃれんじ」でも映像やアプリなどを使った

「目で見る学習」を重視しています。

どうしてもyoutubeはイヤだという方は「こどもちゃれんじ」の公式教材をチェックしてみてください。

 

はみがきが楽しくなる上質な映像教材が提供されていますので、安心して使えます。

 

歯磨きをはじめ着替えやマナーについての生活習慣全般も、

わかりやすく教えてくれるのでしまじろうに任せてしまうのもいい策です。

 

2歳の子供が歯磨きを嫌がるときは絵本を読もう

絵本

歯磨きの大事さを伝えて、楽しく歯磨きできるように教えてくれる絵本があります。

その絵本を読んだあとに一緒に歯磨きに取り組めば、子どもは歯磨きに対するイメージができます。

そうすると、なぜ歯磨きをするのか?という見通しがたちます。

ここでは、2歳の子でも理解しやすく、読みやすい本を3つ紹介しますね^^

はみがきあそび

子どもが大好きなしかけ絵本です。

大きなイラストがわかりやすく、にこにこなキャラクターたちが

歯磨きは楽しいものという印象をもたせてくれます。

図書館には必ずおいてある定番絵本です^^

 

はみがきしようね

リズミカルな言葉で、はみがきの順番を教えてくれる絵本です。

小さめサイズでお出かけにも便利。

口の中にバイキンがいる様子が子ども心に危機をもってくれるかもしれません。

 

はみがきれっしゃ しゅっぱつしんこう!

はみがきを列車に見立てて走って行く絵本です。

自分が持っている歯ブラシも列車にして、おもわずマネしたくなるはずです。

電車が好きな子なら特に食いついてくれるはずです^^

 

2歳の子供が歯磨きを嫌がったときには歯医者に行く

歯ブラシ

実は歯医者って虫歯になってから行くものではありません。

歯医者は予防のために通うととても効果が高いのです。

乳幼児健診の時にフッ素を歯に塗ってもらうと思いますが、もちろん歯医者さんでも塗ってくれます。

歯の手帳

↑このような歯の手帳をつくって、歯の健康を記録してくれる歯医者もありますよ^^

よくがんばりました!とか書いてくれて子ども大喜びです。

歯医者に通ってフッ素を定期的に塗っておくことで、毎日の歯磨きがカンペキじゃなくても歯を守ってくれます。

 

もちろん毎日歯磨きは必要ですが

カンペキにしなくちゃ!この子の歯が大変なことに!という焦る気持ちから少しはラクになれます。

すごく嫌がる日は、今日はもういいか…という余裕をもつことができます。

 

そして親の言うことは聞かない子どもも、

なぜか歯医者さんの言うことは聞く!ということはよくあります^^

先生にコソっと「歯磨き嫌がるので、歯磨きの説明お願いします」といえばしっかりしてくれるはずです。

 

歯医者に行くときのポイント
  1. 小児歯科に行くこと
  2. 親も一緒にみてもらうこと

子どもに特化した小児歯科に行くと、歯医者さんの対応が丁寧なので子どもがイヤがりません。

そして親が先に治療してる姿を見せてあげることで子どもも歯医者を怖がらなくなって、

親も歯がスッキリして一石二鳥です^^

【裏ワザ】最強に歯磨きを嫌がる子には歯磨きサプリ

お菓子

子どもは新しいものが大好きで、好奇心でいっぱいです。

だから歯磨きするといいことがあるという習慣をつけるのもあり!

 

「むしばいばい」という食べるだけで虫歯予防に効果バツグンのサプリがあります。

乳酸菌の力で歯を守る美味しいラムネのようなものです。

ちなみにいちご味^^



歯磨きが上手にできたら、このラムネを食べられるよーと言いつつ子どもを歯磨きに誘います。

そして歯磨きが終わったら、このラムネのような虫歯予防サプリを食べて

さらにお口の中がキレイになる!ということです。

 

どうしても歯磨きを嫌がるときにだけ

必殺技として使うと、嫌がる子どもをムリやり押さえつけて歯磨きする必要もなくなります。

そう思うだけでとても心がラクになりますよね。

 

子どものためとはいえ、泣きさけぶ子どもを押さえつけるのはストレスですから…

このサプリをお守りがわりにもっておけば

親も余裕をもって子どもに接することができますよ^^

 

いつもは4000円が、今なら半額の1980円で買えるみたいです。

お ト ク !!

 

何をしてもうちの子は泣いて歯磨きできない…と困っているママは

ぜひ商品チェックだけでもしてみてくださいね。

【むしばいばい】

どんなアイテムを使っても、ママがラクになる道が正解ですよ^^

2歳の子供が歯磨きを嫌がるときはムリしない

休憩

今回紹介した方法を全部試してもやっぱりダメ!という子には

ちょっと歯磨きをお休みするのもありです。

 

ママが必死になりすぎると、子どもが強制オーラを感じて余計にイヤがる原因になります。

 

歯医者に一度行ってフッ素を塗っておけば

多少歯磨きしなくても、一生困るような出来事は起こりません。

 

歯磨きをお休みする前には、小児歯科をやっている歯医者さんに一度行っておいてくださいね。

長い子育てですので、いろんなアイテムに頼りつつ肩の力を抜いていきましょう^^

 

ABOUT ME
ズボラ家事研究家 未来
ズボラ家事研究家 未来
3人子持ちワーママ。ていねいな暮らしにあこがれつつも、ままならずに方向転換。ズボラ家事を極めるために研究中!
あわせて読みたい